西野、併殺で締めた!高橋と抑え併用も初戦で好結果

[ 2014年11月13日 05:30 ]

<侍ジャパン・大リーグ選抜>最後を締めた西野(右)は嶋と握手

日米野球第1戦 侍ジャパン2―0大リーグ選抜

(11月12日 京セラD)
 西野(ロッテ)は9回にマウンドへ上がると、1死からロンゴリアに左前打を浴びたが、最後は4番モーノーを一直併殺で切り抜けて無失点で試合を締めた。「今のベストをぶつけたい」と話していた通り、しっかり守護神の役割を果たした。

 抑えについて、小久保監督は西野と高橋(西武)を併用する方針を示している。ロッテで今季から抑えに転向した23歳の右腕が、まずは初戦でしっかり好結果を出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月13日のニュース