新代理人ボッグス氏 イチローは「限られた機会でも実力を証明」

[ 2014年11月13日 05:47 ]

イチローの新代理人ジョン・ボッグス氏が、今オフの移籍交渉について語った
Photo By スポニチ

 【ボッグス氏に聞く】

 ――イチローの今季のプレー内容について。

 「野球を知っている人なら、出場機会の少ない選手が良い結果を残すのは常時出る選手に比べ、はるかに難しいことは分かる。困難な状況で打率.284。限られた機会でも実力を証明した」

 ――会った印象は。

 「シアトルで本人に会った。頭の働きがシャープでユーモアのセンスもある」

 ――交渉の現状は。

 「まだ初期的段階。これから(12月上旬の)ウインターミーティングに向けどういう動きがあるか注意していく」

 ――何人かの選手を日本球界に送った。

 「最近だとマーク・クルーンやエドガー・ゴンザレス、ルイス・クルーズ。クルーンのように、日本で才能を開花させる選手が出るとうれしいね」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月13日のニュース