松田、きっちりV犠飛「浅かったけど、点になって良かった」

[ 2014年11月13日 05:30 ]

<侍ジャパン・大リーグ選抜>2回無死二、三塁、先制の中犠飛を放った松田(左)は内川らとハイタッチ

日米野球第1戦 侍ジャパン2―0大リーグ選抜

(11月12日 京セラD)
 勝負強い男が先制点を挙げた。2回、内川、坂本の連打でつくった無死二、三塁の好機。松田(ソフトバンク)は追い込まれながらも、シューメーカーのスプリットをきっちり中犠飛とし「確実に1点が欲しい場面だった。浅かったけど、点になって良かった」と安どした。

 6回の第3打席では右前打を放った。第1戦での初安打に「1本出て良かった」とうれしそうに話した。

 ▼ソフトバンク・柳田(4打数無安打2三振)悔しい。打てないし。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月13日のニュース