阪神・能見は3年契約 国内FA権行使で残留、年俸はダウン

[ 2014年11月13日 12:13 ]

3年契約で更改し、ホッとした表情で報道陣の質問に答える阪神・能見

 プロ野球阪神から国内フリーエージェント(FA)権を行使しての残留を表明していた能見篤史投手(35)が13日、兵庫県西宮市の球団事務所で交渉し、来季からの3年契約を結んだ。年俸は今季の1億5千万円から「少し下がる」とした。

 鳥取城北高―大阪ガスから自由獲得枠で阪神入りし、10年目の今季、国内FA権を取得した。レギュラーシーズンは9勝13敗、防御率は3・99で4年ぶりに2桁勝利に届かなかった。「この年での3年契約にすごく意味がある。(ことしは)苦しいシーズンだった。来年以降続けないことが大事」と話した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月13日のニュース