広島 新井獲得を発表 本拠地で復帰会見

[ 2014年11月13日 18:07 ]

広島に復帰する新井

 広島は13日、阪神退団が決まった新井貴浩内野手(37)の獲得を発表した。14日に本拠地のマツダスタジアムで入団記者会見を行う。8季ぶりの広島復帰となる新井に、鈴木清明球団本部長は「努力する選手。競争が激しくなれば」と話した。

 合意した来季の年俸は今季2億円のわずか10分の1となる2000万円。阪神から提示された7000万円をさらに下回っているが、関係者によると、新井は提示された条件を持ち帰ることなく即断したという。

 ◆新井 貴浩(あらい・たかひろ)1977年(昭52)1月30日、広島県生まれの37歳。広島工から駒大を経て、98年ドラフト6位で広島に入団。07年オフにFA権を行使して阪神に移籍した。05年に本塁打王、11年に打点王のタイトルを獲得。06年第1回WBC、08年北京五輪日本代表。第7代の日本プロ野球選手会会長も務めた。通算成績は1963試合で打率・277、280本塁打、1073打点、38盗塁。1メートル89、96キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月13日のニュース