伊東監督が熱望 「成瀬マネー」デスパイネの残留に使って

[ 2014年11月13日 08:00 ]

 成瀬の退団が決定的な状況で、ロッテ・伊東監督は「成瀬の年俸分と補償のお金をデスパイネに回してほしい」と訴えた。

 来季去就が未定のキューバ代表・デスパイネの残留をあらためて熱望。秋季キャンプ地の千葉県鴨川市で林信平球団本部長と会談し「パ・リーグの他球団に行かれたらしゃれにならない。そうなってからでは遅い」と伝えたという。

 年俸1億4400万円の成瀬はBランクで、金銭補償だけならば8640万円がロッテに入る。浮いた年俸と合わせれば、2億3040万円となる。デスパイネの年俸は最低でも2億~2億5000万円を用意しなければならず、「成瀬マネー」をデスパイネ残留に充てる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月13日のニュース