サイ・ヤング賞にカーショー&クルバー 日本選手には投票なし

[ 2014年11月13日 10:24 ]

2年連続3度目のサイ・ヤング賞に輝いたクレイトン・カーショー(AP)

 大リーグは12日(日本時間13日)、今季のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を発表し、ナ・リーグがは2年連続3度目となるドジャースのクレイトン・カーショー投手(26)、ア・リーグは初受賞となるコーリー・クルバー投手(28)に決まった。

 カーショーは自己最多タイとなる21勝(3敗)を挙げ、防御率1・77でともにタイトルを獲得。最優秀防御率は4年連続となり、6月のロッキーズ戦では無安打無得点試合を達成した。全米野球記者協会会員による投票で全30人から1位票を得た。満票での受賞はリーグ14度目。2位がクエト(レッズ)、3位がウェインライト(カージナルス)だった。サイ・ヤング賞の3度目の受賞は歴代5位タイ。

 クルバーはリーグ最多に並ぶ18勝(9敗)をマーク。防御率は同3位の2・44だった。2位がヘルナンデス(マリナーズ)、3位がセール(ホワイトソックス)だった。

 昨季はア・リーグ2位にレンジャーズのダルビッシュ有投手(28)、3位にマリナーズの岩隈久志投手(33)が入ったが、今季は両リーグともに日本選手には投票がなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月13日のニュース