最有力を振り切っての初受賞にクルバー「予期してなかった。驚きだよ」

[ 2014年11月13日 14:48 ]

サイ・ヤング賞を初受賞したコーリー・クルバー(AP)
Photo By スポニチ

 米大リーグは12日、ア・リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を発表し、インディアンスのコーリー・クルバー投手(28)を選出した。

 最有力と見られていたマリナーズのヘルナンデスを振り切って、全米野球記者協会会員による投票で全30人から1位票を集めたクルバーは「ヘルナンデスが受賞すると思っていたから、予期していなかった。まったく驚きだよ」と自身初の栄誉に目を丸くした。

 「春のキャンプから自信はあった」という今季、クルバーは34試合に登板し、235回2/3を投げてリーグ最多に並ぶ18勝、防御率は2・44をマークした。特に、シーズン後半の活躍は目覚ましく、オールスター後の防御率は1・73。そして、シーズン最後の登板5試合ではすべて勝利投手となり、54奪三振、防御率1・12。このパフォーマンスが記者への印象を良くしたようだ。

 一方、クルバーと同じく34試合に登板して15勝、防御率2・14で惜しくもサイ・ヤング賞を逃したヘルナンデスは「残念だ。言葉が見つからない。これを来季のモチベーションにするよ」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年11月13日のニュース