中日・和田 残りは単打…サイクル王手も無念の連続死球

[ 2014年7月6日 05:30 ]

<巨・中>8回1死三塁、和田は単打でサイクルヒットの場面で死球を受ける

セ・リーグ 中日6-7巨人

(7月5日 東京D)
 中日の和田がサイクル安打を逃した。第3打席までに三塁打、二塁打、本塁打。一番可能性が高い単打が出れば、快挙達成という状況を迎えた。ところが、8回の第4打席、9回の5打席でまさかの連続死球。好機で厳しい攻めに遭い、記録に挑戦させてもらえなかった。

 試合も逆転負け。「勝負だからしようがない。自分の記録のためにやっているんじゃなく、勝つためにやっているんで」と振り返ったが、30年以上の野球人生で「未経験」という快記録にあと一歩で届かなかった。

 ▼中日・山井(6回まで無失点も7回に乱れて8勝目逃す)あの回だけ高めに浮いた球を捉えられてしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月6日のニュース