西武クリーンアップ7安打5打点で快勝!オリ51日ぶり2位転落

[ 2014年7月6日 19:44 ]

<オ・西>3回表無死二塁、中村は中越えに2点本塁打を放つ

パ・リーグ 西武8―1オリックス

(7月6日 京セラD)
 西武が中軸の打棒が好調で8点を奪いオリックスに快勝。首位と1ゲーム差の2位につけていたソフトバンクがこの日白星を挙げたため、オリックスは5月16日以来51日ぶりに2位に転落した。

 西武は2回、2死満塁から秋山の2点中前適時打で先制。3回には中村の中越え2ランで追加点を挙げ、7回にはメヒアの3ランなどで4点奪い試合を決めた。3番・栗山、4番・中村、5番・メヒアのクリーンアップ3人が7安打5打点5得点と中軸が機能し、オリックスの先発・ディクソンを攻略した。

 オリックスは試合前まで防御率2・89と好成績だったディクソンが7回途中7失点KOと誤算。打線も4回にT―岡田の適時二塁打で1点返すにとどまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月6日のニュース