中村の18試合連続安打が適時打 ソフトバンクが先制

[ 2014年7月6日 14:10 ]

パ・リーグ ソフトバンク―楽天

(7月6日 ヤフオクD)
 ソフトバンクが下位打線からの鮮やかな3連打で先制した。

 楽天先発の美馬から2回、2死から吉村の四球を足ががりに本多、鶴岡の連打で満塁とすると、中村の中前2点適時打でソフトバンクが先制。前日、9回に3点差をひっくり返されるチームの嫌な逆転負けを払しょくする一打となった。

 本人は「あまり気にしていない」というが、中村はこれで18試合連続安打。そして、23試合連続出塁も継続している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月6日のニュース