阪神、5連勝!DeNA終盤に追い上げも長田が炎上

[ 2014年7月6日 18:13 ]

<D・神>DeNAを破り、鳥谷(右)らナインを迎える和田監督

セ・リーグ 阪神12―6DeNA

(7月6日 横浜)
 阪神がDeNAの終盤の猛攻をかわし同カード3連勝で、チームは5連勝を飾った。

 初回にマートンの適時二塁打で2点を先制した阪神は、その後も伊藤隼の2点本塁打など順調に得点を重ね、8回までに7得点。このまま試合は終わるかに見えた。

 しかし、ここからDeNAが反撃開始。8回に後藤、嶺井の適時打で2点を返すと石川が3点本塁打を放ち1点差に詰め寄った。

 打線が勢いづいたDeNAだが、9回から登板した7番手の長田がピリッとしない。早々に2点を奪われ、なおも鳥谷に適時3点打を許し5失点。追い上げムードに水を差しチームは3連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年7月6日のニュース