沢村 復活白星にお立ち台で感慨「7月ですか…、長かった」

[ 2014年7月6日 17:11 ]

<巨・中>今季初勝利の沢村(右)を出迎える原監督

セ・リーグ 巨人3―1中日

(7月6日 東京D)
 巨人・沢村が今季初登板の先発マウンドを8回1失点の好投、復活の1勝を挙げた。

 初回に先頭の大島から空振り三振を奪い3人で片付けると2、3回は走者を許しながらも粘り強く無失点に抑え、4回には圧巻の3者連続空振り三振。7回に投手の浜田に適時打を浴びたが8回まで8三振を奪う快投となった。

 チームも競り合いを制し、東京ドームでの先発勝利は2012年10月6日のDeNA戦以来、638日ぶりとなった。お立ち台に上がった沢村は「7月ですか…、長かったなと思います」と2月からのリハビリの日々に思いをはせ、「(多くの人に)支えられてここまで来られた」と感謝の言葉を口にした。

 宮崎キャンプが始まった直後の2月3日に右肩の不安を訴え、2軍降格。地道なリハビリを続け、5月22日のイースタン・リーグ、日本ハム戦(鎌ケ谷)で実戦復帰を果たすと、球数を増やしながら6度の登板でこの日を迎えた。自身の投球には「久々で緊張したが楽しめた。これからも2位以下をもっと突き放せるよう頑張ります」と早くも次回登板に目を向けた。

 原監督も「遅ればせながらいいスタートを切った」と、真夏の戦いへ先発の柱が戻ってきたことを喜んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月6日のニュース