レイア 延長戦制した 岩谷V打、後期開幕2連勝

[ 2014年7月6日 05:30 ]

<アストライア・レイア>延長戦を制し歓喜に沸くレイアナイン

 日本女子プロ野球のヴィクトリアシリーズ東地区第12戦が5日、サーティーフォー相模原で行われ、レイアが延長戦の末にアストライアを4―3で下し、後期の開幕2連勝を飾った。

 7回まで決着がつかず、延長8回1死一、三塁から岩谷が中前に決勝打を放った。3安打2打点の主将は「最悪、フライでも(犠飛となって)1点が入ると気楽に打席に立ちました。序盤にエラーをしていたので、打って返すしかないと思っていました」と胸を張った。

 ▽東地区第12戦
レイア
 000 030 01─4
 000 120 00─3
アストライア
 (レ)泉、里―碇
 (ア)中島、楢岡、萱野―今井、熊崎

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月6日のニュース