珍二塁打 フェンス直撃→雄平に当たってスタンドイン

[ 2014年5月8日 05:30 ]

5回、左中間ソロを放ちバレンティン(4)らに祝福されるヤクルト・雄平

セ・リーグ ヤクルト6―0広島

(5月7日 神宮)
 攻守で「雄平劇場」に沸いた。6回2死一塁、菊池の右翼への打球はスタンドに入ったかに見えたが、ビデオ判定の結果二塁打に。フェンスに当たり、ヤクルト・雄平の左こめかみに当たってスタンドインする珍プレーだった。9回は、梵の右翼線の打球をスライディングキャッチして試合を締めた。

 打っては5回、左中間への5号ソロで石川を援護。「みんな石川さんに勝ちを付けたかった。勝利をアシストできてよかった」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース