ソフトBサファテ 試合中にツイッター 球団から注意

[ 2014年5月8日 05:30 ]

 ソフトバンクのデニス・サファテ投手(33)が6日の日本ハム7回戦(ヤフオクドーム)中に、短文投稿サイト「ツイッター」を更新したとして球団から注意を受けていたことが7日、分かった。

 試合前に写真などを投稿しようとしたが、通信状況により、誤って試合中に更新されてしまったという。試合後に「ファンの皆さんに申し訳ない」とコメントを記した。ツイッターをめぐっては、12年にヤクルトのバレンティンが試合中に更新したとして球団から注意を受けている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース