国学院大・岡崎 3回から好救援で初勝利 首位射程圏に

[ 2014年5月8日 05:30 ]

東都大学野球第5週最終日 国学院大5―2駒大

(5月7日 神宮)
 国学院大は左腕の岡崎が窮地を救った。2回に2暴投を記録するなど精彩を欠いた先発・平部に代わり3回から救援。粘り強い投球で最後まで投げ抜き、リーグ戦初勝利を挙げた。

 今春は開幕投手を務めたが、同期の左腕・田中が現在2勝0敗と好調とあって中継ぎに。「先発できず悔しかったが、チームに貢献しようと考えた」と、まさに有言実行の好投だった。首位・亜大を射程圏内に捉え「後の試合は全部勝ちたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース