中畑DeNA 初の巨人戦勝ち越し!筒香連発!多村決めた

[ 2014年5月8日 21:45 ]

<巨・D>8回2死二塁、多村の勝ち越し打にベンチで吠える中畑監督

セ・リーグ DeNA7―6巨人

(5月8日 東京D)
 DeNAは14安打7得点で打撃戦を制し、中畑DeNAとして対巨人3連戦で初の勝ち越しを決めた。

 2回、筒香がバックスクリーンへ4月20日の広島戦(横浜)以来13試合ぶりとなる4号2ランで先制。1点差とされた3回には山崎の左越え2号2ランと筒香の2打席連続右越え5号ソロで突き放した。

 逆転された直後の6回には、2死二塁から石川の中前適時打で追いつき、8回2死二塁から代打・多村の右前適時打で勝ち越した。

 このリードを8回はソーサ、9回は三上が守りきった。

 巨人は先発・今村が3回2/3を8安打5失点と誤算。打線では阿部が3回に松井秀喜に並ぶ巨人歴代4位タイの通算332本塁打となる右越え5号3ランを放つなど3安打5打点と奮闘。一時は試合をひっくり返したが、リリーフ陣が失点を重ね接戦を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース