福井5回6失点 野村監督「次回登板はない」2軍示唆

[ 2014年5月8日 05:30 ]

<ヤ・広>初回1死二、三塁からバレンティンに中前打を浴び山田(左)の生還を許す広島・福井

セ・リーグ 広島0―6ヤクルト

(5月7日 神宮)
 今季初登板初先発だった広島・福井が5回6失点に沈んだ。初回に5安打を集められて早々に3点を失い、2回と4回は盗塁→適時打という同じ形で失点。5回は雄平に被弾した。「修正できなかった。2軍でやってきたことができなかった。力みなく緊張もなく何とかしたかったけど、力不足だった」。帰路で深く肩を落とした。

 野村監督は福井の次回登板の可能性を「ないです」と完全否定し、即座の2軍降格を示唆した。「見ての通り。期待してチャンスを与えているのにつかめない。力が足りない」。不調の野村に代わって登用した期待を裏切られ、語気を強めた。

 序盤の劣勢は打線の活気もそぎ、今季3度目の零敗。思えば、4月の快進撃は投手陣が原動力だった。先発陣は前田健、バリントン、大瀬良の3人の安定感に比し、4人目以降の落差が大きい。「こんな試合をしていたらいけない。投手を主体としてやってきたわけだから。誰か出てきてほしいけど、なかなか出てこない。それがウチの弱いところ」。首位は不動でも危機感を高めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース