小林1号!巨人新人捕手の本塁打は阿部以来9年ぶり

[ 2014年5月8日 08:59 ]

<巨・D>ホームランボールを手に笑顔の巨人・小林

セ・リーグ 巨人10―2DeNA

(東京D)
 巨人のアンダーソンが4月22日DeNA戦以来の満塁弾。巨人でシーズン2本の満塁本塁打は26人、39度目で来日1年目の外国人は84年クロマティ、98年ダンカンに次ぎ3人目だ。

 また、同一カードで年間2本は06年二岡(中日戦=ゲーム2本)以来チーム5人、6度目となった。

 この日の巨人は小林にも1号が出るなど昨年7月5日DeNA戦以来のゲーム5本塁打。巨人新人捕手の本塁打は38年春吉原、47年武宮、67年槌田、70年阿野、77年笠間、78年山倉、91年吉原、01年阿部、14年小林と13年ぶり9人目だ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース