森脇監督「いつもいつも、完璧という訳にはいかない」

[ 2014年5月8日 05:30 ]

<オ・ロ>7回に勝ち越しを許しベンチに戻るオリックス・馬原

パ・リーグ オリックス2―4ロッテ

(5月7日 京セラD)
 この展開で敗れたのなら仕方がない。オリックス・森脇監督はサバサバとした表情で敗戦を受け止めた。

 「いつもいつも、完璧という訳にはいかないですからね」

 1点リードの5回1死一塁で先発・井川の後を受けた比嘉が同点を許し、7回には3番手・馬原が決勝点を献上。馬原は移籍2年目で初黒星となり、シーズン34試合目で初めて勝ちパターン(比嘉、馬原、佐藤達、平野佳)のリリーフ投手に黒星が付いた。それでもチームの屋台骨を支える投手たちだけに、1度の失敗を責められようがなかった。

 あえて敗因を探すのなら「ひと押し」だった。初回、先制点を挙げはしたが、さらに1死満塁の好機に1本が出ず、1点止まり。一時は勝ち越した4回も1死一、三塁から「もう1点」をもぎ取ることができなかった。指揮官はそれを自身の責任とし、「選手どうこうでなく、僕の課題として受け止めて、うまく導けるようにしたい」と冷静に話した。

 9連戦は4勝5敗の負け越しで終えたが、敗戦にも収穫はあった。「気付きがしっかりあったゲーム。この先に生かしたい」と監督の視線は前だけを向く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース