パイレーツ 「チャレンジ」初 判定覆ってサヨナラ勝ち

[ 2014年5月8日 05:30 ]

 パイレーツが「チャレンジ」では初のケースとなる判定が覆ってのサヨナラ勝ちを収めた。

 1―1の9回2死走者なしからマルテが右翼フェンス直撃の三塁打を放ち、三塁への送球がそれる間に一気に本塁へ。際どいタイミングで判定はアウトとなったが、クリント・ハードル監督がビデオ判定を要求し、判定が覆ってセーフとなった。「俺はセーフだと分かっていた」というマルテは自らセーフのポーズをして大喜び。指揮官も「我々は安全ブレーキは使わない」と積極的な走塁を称えていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース