サブローがいい味 変化球も150キロ直球もアジャスト

[ 2014年5月8日 05:30 ]

<オ・ロ>5回表2死一塁、ロッテ・サブローは左中間に適時二塁打を放つ

パ・リーグ ロッテ4―2オリックス

(5月7日 京セラD)
 37歳の頼れるベテラン・サブローが勝負強さを発揮した。「いいところで打ててよかった」

 ロッテが1―2と勝ち越された直後の5回2死一塁で、サブローは左中間へ同点の適時二塁打。同点の7回2死三塁では一転、馬原の150キロを左前打とした。「一番いいボールを狙っていた」と読み勝ちを強調。打率は・300に乗り、「大阪で3つは負けられへん」と言葉に力を込めた。

 ▼ロッテ・唐川(5回2失点も今季初勝利はお預け)今までよりは良かったけど、たまたま抑えられた感じ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月8日のニュース