広島課題は三塁手 3連戦スタメン3人で10タコ

[ 2014年3月31日 05:30 ]

<中・広>中日に完敗しガックリの野村監督

セ・リーグ 広島0-6中日

(3月30日 ナゴヤD)
 広島は敵地での開幕カードに2勝1敗と勝ち越し。結果としては十分だが、同時に課題も見えた。この日、8番三塁で起用したドラフト3位・田中が3打数無安打。堂林、小窪と3連戦すべてで三塁のスタメンを替えたが、3人で計10打数無安打。計3度の得点機に決定打は出なかった。

 「誰かドンと座ってくれる人が出てくれば…。木村の選択肢もあるが、彼はいろんなポジションを守れるし、打撃の状態がいいので、代打としての使い方もあるから」

 4月1日の本拠地開幕に向け「地元で仕切り直します」と話した。ホットコーナーに名乗りを挙げる存在が出現すれば、赤ヘル打線はより、盤石さを増す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月31日のニュース