龍谷大平安の2年生左腕 強気の救援に満足「思い切って投げられた」

[ 2014年3月31日 20:45 ]

第86回選抜高校野球大会準々決勝 龍谷大平安5―4桐生第一

(3月31日 甲子園)
 龍谷大平安の2年生左腕、高橋奎が3番手で登板し、桐生第一を7回以降は2安打無得点に抑えた。

 昨秋から先発で活躍し、救援は公式戦で初めてだという。準備を何もしておらず、20球ほどで肩をつくった。いざマウンドに上がると、内角を突く強気の投球を見せ「思い切って投げられた」と満足げに話した。

 40年ぶりの4強進出に貢献し「次も勝って決勝にいく。今度は先発で9回を抑えたい」と意気盛んだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月31日のニュース