阿部 決勝点のミス原因報告「見えていませんでした」

[ 2014年3月31日 05:48 ]

29日の阪神戦で9回無死満塁、西岡は一ゴロを放つがロペスからの送球を受けた阿部は三走の上本には目もくれず一塁に転送

セ・リーグ 巨人12-3阪神

(3月30日 東京D)
 巨人の阿部が29日の阪神戦でのミスについて原監督に報告した。3―3の9回無死満塁で、西岡の一ゴロを捕球したロペスはベースを踏んでから本塁へ送球したが、阿部は三塁走者にタッチせずに返球し、決勝点を献上した。

 30日の試合前に指揮官に「全く(踏む動きが)見えていませんでした」と説明し、「防止策を川相ヘッドコーチと話した。僕がしっかり見ます」と話した。気持ちを切り替えて試合に臨み、3回に中前打を放った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月31日のニュース