福留は胸部打撲 3回まで出場も4回の守備から退く

[ 2014年3月31日 05:30 ]

<巨・神>2回裏2死一、二塁から大竹の飛球をめぐり西岡と福留が激突
Photo By スポニチ

セ・リーグ 阪神3-12巨人

(3月30日 東京D)
 西岡と激突した阪神の福留も都内の病院で「胸部の打撲」と診断された。3回以降も出場を続けていたが、4回の守備からベンチに退き、球団トレーナーとともに病院へ向かった。

 試合後、大阪へ移動する際には「痛み?まあ打撲だからね。1日休んでから?そうだね」と話すにとどめた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2014年3月31日のニュース