巨人、敵地で異例のナイター練習 原監督「環境だけでも…」

[ 2014年3月31日 20:36 ]

 巨人は31日、今季初の屋外でのナイターとなる4月1日のDeNA戦に向けて横浜スタジアムで照明をつけて練習した。シーズン中に敵地で夜に全体練習を行うのは異例だが、原監督は「気候も含めて、環境だけでも」と選手に一度、体感させておきたかったようだ。

 昨季も東京ドームで開幕を迎え、2カード目が横浜だった。その2戦目に高橋由が走塁中に左ふくらはぎを肉離れした。約2時間、体を動かし、村田は「準備は大事。(練習を)やるだけで違う」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月31日のニュース