佐野日大が初夏通じて初4強!田嶋粘投 延長戦制す

[ 2014年3月31日 16:00 ]

準決勝進出を決め、ガッツポーズで喜ぶ完投の田嶋(左)と佐川の佐野日大バッテリー

 第86回選抜高校野球大会は31日、甲子園球場で準々決勝が行われ、第3試合は7年ぶり4回目出場の佐野日大(栃木)が3年ぶり15回目出場の明徳義塾(高知)が延長11回7―5で下し、春夏通じて初のベスト4入りを果たした。

 佐野日大は1回、明徳義塾の先発・岸を攻め、1死二塁から3番・吉田の右前適時打で先制。同点に追いつかれた2回には2死二塁から9番・佐川が右中間を破る適時二塁打を放ち、勝ち越した。

 さらに3回2死一、三塁で6番・田村が外角の変化球を上手く右前に運び1点、さらに7番・柿沢も右前適時打を放ち、4点目を加えた。

 その後は岸を攻めあぐね、6回に逆転を許しが、直後の7回1死一、二塁でダブルスチールを成功させ、4番・稲葉の左犠飛で同点。

 延長に入り、10回1死満塁のピンチをしのぐと、11回2死満塁から稲葉が遊撃内野安打で勝ち越し、さらに小泉の左前適時打でリードを2点とした。

 先発の左腕エース田嶋は中2日の登板。左打者5人を並べた明徳に初回に1点、6回に5連打などで4点を失い、10回にも3連打で1死満塁のピンチ招いたが、粘りの投球で激闘を制した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月31日のニュース