開幕戦9失点KOの三嶋 登板間隔空けて修正図る

[ 2014年3月31日 05:30 ]

室内練習に桜を背に傘をさし移動する中畑監督

 DeNAの中畑監督が開幕戦で2回9失点KOを喫した三嶋の登板間隔を空ける決断を下した。

 ヤクルト戦(神宮)が雨天中止。登板予定だった三浦を、三嶋の2戦目の先発予定だった4月4日の広島戦(マツダ)にスライドさせた。三嶋は4月6日・広島戦(マツダ)まで「ミニキャンプ」で投球フォームの修正を図ることになり、指揮官は「前回のショックが大きいでしょうから。(三浦)大輔と入れ替えて少し間を稼げる」と明かした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月31日のニュース