松岡「打たれない訳がない」も巨人戦スイスイプロ初完封

[ 2013年10月2日 21:00 ]

<巨・ヤ>完封で3勝目を挙げた松岡(中央)はナインと共に喜び合う
Photo By スポニチ

セ・リーグ ヤクルト1―0巨人

(10月2日 東京D)
 プロ9年目の31歳ながら、ヤクルト・松岡のヒーローインタビューの表情は初々しかった。

 優勝を決めている首位・巨人打線をわずか3安打に封じ、プロ初完投がうれしい初完封勝利。「勝ててよかったです」とホッとした様子で語った。

 4回まで無安打投球。9回には2死から村田に安打、阿部に四球を与え、初めて得点圏に走者を出してしまったが、最後は高橋由を遊ゴロに切って取った。「打たれない訳がない、と思って思い切って投げました」と笑った。

 小川監督も「終盤でもボールが来ていた。9回は、ある意味松岡と心中、そういう気持ちでいた。本当によく投げてくれた」と称えた。

 ヤクルト6年ぶりに最下位が決まってしまっているが、この終盤に来て松岡は巨人に連勝。「来年につながるように、精一杯やりたい。来年は開幕からローテーションを守れるように精一杯やります」と宣言していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月2日のニュース