ブルワーズ、青木と契約延長へ GM明言 球団が選択権行使

[ 2013年10月2日 08:45 ]

 米大リーグ、ブルワーズのメルビン・ゼネラルマネジャー(GM)は1日、今季で2年契約が終了する青木宣親外野手(31)との契約を延長する意向を示した。既にアタナシオ・オーナーが契約延長の方針を明らかにしていた。

 同GMは球団が保有する来季契約の選択権について「行使する。再契約しない理由が見当たらない」と明言。ワールドシリーズ終了の5日後までが手続きの期限という。

 またシーズン中に報道のあった青木のトレードについては「名前は言えないが、複数球団から興味を示された」と明かした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月2日のニュース