ドラフト候補ズラリ!代表合宿に10球団スカウト集結

[ 2013年10月2日 06:00 ]

 第6回東アジア競技大会(6日開幕、中国)の日本代表合宿5日目は1日、東京都大田区の東京ガスグラウンドで、東京ガスと練習試合を行った。

 先発した今秋ドラフト1位候補の浦野(セガサミー)は4回を4安打3失点したものの、その後は上位候補の東明(とうめい、富士重工)、秋吉(パナソニック)、石川(東京ガス)のリレーで10―3で勝利した。球場には10球団32人のスカウトが集結。9回から抑えとして登板した石川は最速149キロの直球を武器に1安打無失点で締めた。巨人の山下哲治スカウト部長は「フォームが安定して球の切れがいい。(ドラフト1位の)12人に入ってくると思う」と絶賛。石川も「(12球団)どこでも(入りたい)」と思いを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月2日のニュース