巨人 古城が引退表明「プロ野球生活、結構ついていたな」

[ 2013年10月2日 18:16 ]

 巨人の古城茂幸内野手(37)が2日、今季限りでの現役引退を表明した。

 東京ドームで行った記者会見で16年間を振り返り「体が動かなくなった。プロ野球生活、結構ついていたな、というのが今の印象」と晴れやかな表情で話した。

 千葉県出身で、1998年に国士舘大からドラフト5位で日本ハムに入団、2006年にトレードで巨人に移籍した。原監督は「彼がいたから若手も育った」とねぎらった。通算で767試合に出場し、264安打、打率2割2分5厘。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年10月2日のニュース