小池が引退…泣く息子に「力がないから辞めないといけない」

[ 2013年10月2日 06:00 ]

現役引退を発表したDeNA・小池

 DeNAは1日、小池正晃外野手(33)が今季限りで現役を引退すると発表した。小池は横須賀市内のベイスターズ球場で「打撃に自信が持てなくなり、踏ん切りがついた。9歳の息子は“嫌だ、辞めないで”って泣いていたけど、力がないから辞めないといけないと説明した」と声を詰まらせた。

 横浜高では松坂(現メッツ)と同級生で98年に春夏甲子園連覇を達成。同年ドラフト6位で横浜(現DeNA)に入団し、05年には自己最多の20本塁打を放った。08年のシーズン途中にトレードで中日に移籍し、昨年FA権を行使して古巣に復帰。プロ15年間で通算808試合で打率.242、53本塁打、186打点。「横浜に戻ってきて打てない時も大きな声援を送ってくれたファンに感謝したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月2日のニュース