西武 坂元弥太郎、星秀和に戦力外通告

[ 2013年10月2日 14:30 ]

 西武は2日、坂元弥太郎投手(31)星秀和外野手(27)に来季契約を結ばないことを通達した。

 坂元は浦和学院3年夏の甲子園1回戦・八幡商戦で大会タイ記録の19奪三振。2000年ドラフト4位でヤクルト入り。日本ハム、横浜を経て、11年から西武。

 昨年7月に右肘を手術。ルーキーイヤー以来11年ぶりに1軍登板がなかった。今季は完全復活を目指したが、11試合0勝2敗、防御率5・19。

 星は04年ドラフト5位で西武入り。捕手として入団し「伊東2世」と期待された。

 昨季、掛布氏を模写した打法や5月10日・楽天戦の緊急捕手が話題に。自己最多の71試合に出場した。今季は11試合、打率・000。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年10月2日のニュース