残留濃厚の青木 「来年こそは」早期始動で雪辱へ

[ 2013年10月2日 06:00 ]

ロッカー整理を終え、報道陣に対応するブルワーズの青木

 ブルワーズ・青木がミラー・パークを訪れ、ロッカー整理を行った。来季は球団が選択権を持つが、残留が濃厚。

 「来年こそはという気持ち。(始動は)例年よりも早くなると思う」と、早期始動でレベルアップを図る。チームは2年連続でプレーオフ進出を逃しただけに「今、野球ができないことが悔しい」とメジャー3年目となる来季の捲土(けんど)重来を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年10月2日のニュース