ヤクルト・松岡 プロ初完投で完封!3安打に封じて巨人に連勝

[ 2013年10月2日 20:38 ]

<巨・ヤ>6回、好投を続けるヤクルトの先発・松岡 

セ・リーグ ヤクルト1―0巨人

(10月2日 東京D)
 ヤクルトの松岡が、巨人打線を3安打に封じ、プロ初となる完投で、完封勝利をマークした。

 9回、2死から村田に安打、阿部に四球で、初めて二塁まで走者を進めたが、高橋由を遊ゴロに切って取った。

 今年9年目の松岡は、9月25日にも5回0/3、5失点ながら、先発で4月29日のDeNA戦(横浜)以来となる2勝目を挙げたのに続いての巨人戦連勝だ。

 打線は5回、1死から山本が左翼へ5号ソロを放ち先制。その1点を守りきった。

 現在59本塁打とプロ野球の本塁打日本記録更新中のバレンティンは出場せず。1日に古傷の左アキレス腱の張りを訴え途中交代。試合前の練習ではフリー打撃を行ったが、大事を取った。

 巨人は4回まで無安打。7回まで二塁を踏めず。先発の今村は6回5安打1失点と好投したが、援護なく今季3試合目の登板で初黒星を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月2日のニュース