ダル万全でなかった…ワシントン監督 具体的なことは「言えない」

[ 2013年10月2日 09:06 ]

 米大リーグのプレーオフ進出を逃したレンジャーズのワシントン監督は敗退から一夜明けた1日、アーリントンで記者会見し、ダルビッシュ有投手が終盤戦で肉体的問題を抱えていたことを明らかにした。具体的な故障箇所などについては言及を拒んだ。

 シーズン終盤に本来の力強さが見られなかったダルビッシュについて、同監督は「確かに何か(問題)を抱えていた。だが、彼は一度もそれが問題だとは言わなかった」とだけ説明。具体的なことは「言えない」とした。

 13勝を挙げ、リーグ最多の277奪三振だった2年目については「目を見張るような成績だった。経験を積んで、より高いレベルで来年を迎えると思う」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月2日のニュース