聖愛・外川 今夏初先発V打 指揮官抜てきに応えた

[ 2013年8月17日 06:00 ]

<沖縄尚学・弘前学院聖愛>4回1死一、二塁、弘前学院聖愛・外川は2点適時二塁打を放つ

第95回全国高校野球選手権2回戦 弘前学院聖愛4―3沖縄尚学

(8月16日 甲子園)
 青森大会も含めて今夏初先発の弘前学院聖愛1番・外川が、同点の4回1死二、三塁で三塁線を破る決勝2点二塁打。

 「チャンスだったので思い切って振った。うまく打ててうれしい」と笑みをこぼした。青森大会は3試合に途中出場し、打席には立たなかった。初戦の玉野光南(岡山)戦でも7回に代打で出場し、2打数無安打だった外川を抜てきした原田一範監督は「調子が良かったので起用した。期待に応えてくれた」と目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月17日のニュース