ディオーネとアストライアで決勝 ティアラC相模原大会 宮原10勝

[ 2013年8月17日 18:33 ]

サヨナラのタイムリーを放つ、ディオーネの川畑

 女子プロ野球のティアラカップ神奈川相模原大会は17日、サーティーフォー相模原球場で1回戦が行われ、ディオーネが1-0でフローラに、アストライア2-1でレイアにそれぞれ勝ち18日の決勝戦へ駒を進めた。

【日程と結果】

 第1試合は両チーム無得点で迎えた7回、ディオーネが2死二、三塁からこの日無安打の川畑が中前にサヨナラ適時打を放ち、前回大会優勝のフローラを下し2大会ぶりの決勝進出を決めた。ディオーネ先発の宮原は6安打完封でリーグ最速10勝目をマークした。

 第2試合は5回2死満塁でアストライアの9番中平が中前2点適時打、4回まで無安打に抑えられていたレイア先発の里から待望の先制点をもぎ取った。中平は17打点でリーグ2位、昨季“恐怖の9番打者”と呼ばれた勝負強さは健在だ。投げてはアストライア先発の中島が5月4日、北九州大会以来の白星を挙げた。アストライアは3大会連続の決勝進出。

 ▼サヨナラ打のディオーネ・川畑 最後は自分が決める気持ちで打席に入りました。手応えはとても気持ち良かった。

 ▼先制打のアストライア・中平 まだホームで優勝することが出来ていないので、明日(18日)は絶対に優勝をつかみたい。

 ▼完投勝ちで2勝目のアストライア・中島 久しぶりの先発、監督からも思い切りいけと言われていた。バックの守りにも助けられました。勝ててすごくうれしい。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月17日のニュース