高木監督 首位・巨人いじめにゴキゲン「たまにはいい思いをさせて」

[ 2013年8月17日 06:00 ]

<巨・中>平田(左から2人目)らとハイタッチで喜び合う高木監督

セ・リーグ 中日6-4巨人

(8月16日 東京D)
 意地の首位いじめだ。右膝痛のルナが登録抹消され、若手主体で臨んだ中日打線がつながり、巨人相手に敵地で逆転勝ち。宿敵のマジック減らしを阻止し、高木監督も久々にご機嫌に振り返った。

 「たまにはいい思いをさせてほしい。何とか巨人に勝ちたいという気持ちが強いんで、初戦に勝てたのは大きいね」

 0―1の5回、平田の左越え9号ソロで追いつくと、6回には5安打4得点の猛攻で勝ち越し。9本塁打中、4本を巨人戦で放っている平田は、6回の打席でも右前適時打し「特別な意識はないけど、相性いいですね」と笑顔だ。荒木、井端をスタメンから外し、平田や高橋周、谷らを積極起用している指揮官も「平田と周平がああいう形で打ってくれると、出しているかいがある」と満足げだった。

 ▼中日・大野(6回途中9安打3失点で8勝目)点を取ってもらった直後に失点しては駄目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月17日のニュース