青木 164キロ“体感”「速い」 剛腕から中前打

[ 2013年8月17日 06:00 ]

<ブルワーズ・レッズ>9回、中前打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ1―2レッズ

(8月15日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木が剛腕チャプマンを攻略した。

 9回先頭で160キロ前後の直球を2球ファウルすると、3球目の102マイル(約164キロ)を冷静に見送りボール。観客席がどよめく中、続く90マイル(約145キロ)スライダーを中前へ運んだ。これで今季対戦は2打数2安打だが「速い。(中前に)抜けてくれたという感じ」と対戦を楽しんだ様子だった。6回には一塁へバント安打を決めて4試合ぶりの複数安打。左打者としてはリーグトップの対左投手打率を・329まで押し上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月17日のニュース