ムネリン、第1子の男児が誕生!産休制度適用でチーム離れる

[ 2013年8月17日 12:54 ]

 米大リーグ、ブルージェイズは16日、川崎宗則内野手(32)が夫人の出産のため、セントピーターズバーグに遠征中のチームを離れたと発表した。チーム広報によると同日、第1子となる男児が誕生し、母子ともに健康だという。

 今回の措置は「父親リスト」と呼ばれる産休制度を適用したもの。チームは当該選手を最長で3日間出場登録から外せ、その期間中は代替選手を登録できる。ギボンズ監督は「詳細は分からないが、3日間フルに使うことになるだろう」との見通しを語った。

 日本選手ではブルワーズの青木宣親外野手が6月、第2子誕生にあたって同制度を適用されている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月17日のニュース