オリックス打線復調せず…T―岡田、屈辱の3球三振

[ 2013年3月2日 18:06 ]

練習試合 オリックス1―1阪神

(3月2日 安芸)
 オープン戦2試合で計1得点のオリックス打線は、この日も低調だった。特に新人の藤浪(大阪桐蔭高)に対しては1回無死一、二塁でT―岡田が屈辱的な3球三振を喫するなど不安定な立ち上がりを崩せなかった。

 打線は結局、内野安打による1点に終わった。森脇監督は「無駄なアウトは一つもなかった」と盗塁などで積極的に仕掛けた内容に収穫を求めるしかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月2日のニュース