黒田「まだまだ」 オープン戦初登板で2回途中4失点

[ 2013年3月2日 07:40 ]

フィリーズ戦に先発し、1回2/3を3安打4失点のヤンキース・黒田

オープン戦 ヤンキース5―10フィリーズ

(3月1日 フロリダ州タンパ)
 ヤンキースの黒田は1日、フィリーズ戦に先発し、オープン戦初登板。1回2/3を投げ3安打4失点(自責点1)、1四球2三振で敗戦投手となった。

 黒田は1回、四球と安打で無死一、二塁といきなりピンチを背負うと、味方失策と併殺の間に2点を失う。2回は2死から失策で走者を出すと、連打を浴びて失点し、マウンドを下りた。

 黒田は2回にロリンズに浴びた右越え適時二塁打を振り返り、「この時期にしても良くない球だった」と反省。細かい制球にズレがあるといい、「この時期はどれだけイメージした球が投げられるか。その意味ではまだまだ」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月2日のニュース