マー君早くも2回で降板 強化試合からの不安が露呈

[ 2013年3月2日 20:18 ]

<ブラジル・日本>日本先発の田中
Photo By スポニチ

WBC1次ラウンド初戦 日本5-3ブラジル

(3月2日 ヤフオクドーム)
 初戦の先発を任された田中(楽天)は、2回を投げて球数制限(65球)にはほど遠い23球止まりだったが、4安打1失点で早くも降板した。

 初回は打ち取った当たりが内野安打になる、送球が走者に当たるなどの不運もありながら、直球系の球を狙い打たれ先制を許した。2回もスライダーを始めとした変化球の制球がままならず、連打を浴びるなど不安定な投球。強化試合の時から抱え続けていたWBC球への不安が露呈した結果となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月2日のニュース