建山ブルペンで30球、腰の張りは「気にならない」

[ 2013年3月2日 11:02 ]

ブルペンで投球練習をするレンジャーズ・建山

 腰の張りで2月28日の登板を回避したレンジャーズの建山が、ブルペンで投球練習した。1球投げるごとに慎重に間隔を取りながら30球ほどを投げ、体の動きをチェックした。

 建山は「まだ百パーセントではないけど、気にならなかった」と話した。オープン戦での登板はまだ決まっていないが「コンディションを整えて次のステップに」と意欲的だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月2日のニュース