東浜 本拠地デビューもキューバに2回4失点

[ 2013年3月2日 06:00 ]

<ソフトバンク・キューバ>マウンド上で汗をぬぐう東浜

WBC強化試合 ソフトバンク8―10キューバ

(3月1日 ヤフオクD)
 本拠地デビューとなったソフトバンクの東浜が「赤い稲妻」の猛打にのみ込まれた。

 2番手で登板した3回は2死満塁のピンチをしのいだが、6点の援護をもらった直後の4回に5安打を浴びて4失点。本来の低めへの制球が影を潜め、この回で降板した右腕は「全体的に球が高めに浮いてしまい、そこを狙われた。いい勉強と思い、今後は気をつけていきたいです」と反省していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月2日のニュース