小林 1回無失点も、また先頭に四球「凄く反省」

[ 2013年3月2日 06:00 ]

ドジャース戦の3回に登板し、1回を1安打無失点のエンゼルス・小林

オープン戦 エンゼルス8―10ドジャース

(2月28日)
 エンゼルスの小林がオープン戦2度目の登板で、1回を1安打無失点に抑えた。

 2回1失点だった前回登板同様、先頭打者にはいきなり四球。「凄く反省している」と悔やんだものの、次打者からは得意のフォークで空振り三振を奪った。二塁打も浴びたが落ち着いて後続を抑え「決めにいったところでしっかり投げられて三振は取れた。(今後も)一戦一戦が僕にとっての勝負」とアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年3月2日のニュース